出雲ぜんざい(五人前)レトルトパウチ 進物・贈答用

出雲はぜんざい発祥の地 2007年に弊社の社長を中心とし、出雲大社周辺の新名物を創ろう!という動きがあり、祇園物語の文献を紐解くと出雲がぜんざい発祥の地だという事が書かれていることを発見しました。

そして、出雲ぜんざい学会という組織を立ち上げ、出雲ぜんざい運動を起こしたのです。
ぜんざいは、出雲地方の「神在(じんざい)餅」に起因しています。
 出雲地方では旧暦の10月に全国から神々が集まり、このとき出雲では「神在祭(かみありさい)」と呼ばれる神事が執り行われています。  
そのお祭りの折に振る舞われたのが「神在(じんざい)餅」です。その「じんざい」が、出雲弁(ずーずー弁)で訛って「ずんざい」、さらには「ぜんざい」となって、京都に伝わったと言われています。

 「ぜんざい」発祥の地は出雲であるということは、江戸初期の文献、「祇園物語」や「梅村載筆」(林羅山筆:儒学者)、「雲陽誌」にも記されています 「出雲國に神在もちいと申事あり。
京にてぜんざいもちいと申ハ。これを申あやまるにや。
10月にハ日本國の諸神ミな出雲國にあつまり玉ふゆへに。神在と申なり。
その祭に赤豆をにて汁をおほくし。すこし餅を入まいらせ節々まつり候を。神在もちい申よし。」(祇園物語より抜粋)

なんと、ぜんざいとは出雲弁がなまってずーずー弁でずんざいがぜんざいとなったということなのです。 面白いですよね!

そんなぜんざい発祥の地の出雲ぜんざいですが、坂根屋の出雲ぜんざいにはこだわりが詰まっています。

全て出雲産の出雲大納言小豆を贅沢に100%使用しています。
これは出雲の契約農家さん50件に毎年出雲大納言小豆を作っていただいており、なんと年間5.5トンを使用しています。
味が濃く、小豆の粒が大きく、ぜんざいにしたときにもつぶれないすごい小豆なんです。
栄養価も高いことが分かっています。 実は北海道小豆と比較しても価格も3倍ほど高い高級品です。
その貴重な出雲大納言小豆を贅沢にも100%使用した坂根屋でしか食べれない出雲ぜんざいに仕上がっています。

お餅もこだわっています。 島根のブランド米である仁多米を使い、おめでたい紅白の二つのお餅を乗せています。 もちもちのお餅とおぜんざいが絶妙の組み合わせです。

そして、出雲は何といってもご縁の町! 出雲大社さんの正門前で販売させていただいているという事もあり、紅白のパッケージでおめでたい引き出物にも使っていただいております。

また真空パックのため、日持ちは120日 ご縁の町の贈り物としてもお客様に喜んでいただいております。 縁起の良い出雲ぜんざい、大切な方への贈り物としていかがでしょうか。

大切なお母さんへご縁の町出雲市大社町より発送させていただきます。

※冷凍商品との同梱はできませんのでご了承ください...
  • 3,090円(税込)